シュレッダー使用時のホチキス針対応:故障を避けるための対処法

スポンサーリンク

シュレッダーを使用する際、ホチキスの針を残したままでは故障のリスクがあるとされています。しかし、実際に針を取り除くのは難しい場合もありますよね。

この記事では、ホチキスの針をなぜ取り除くべきなのか、そしてその簡単な方法について解説します。

シュレッダーとホチキス針:取り除く理由

シュレッダーで紙を処理する際に、ホチキスの針が混入していると、以下のような問題が発生する可能性があります。

シュレッダーの刃が金属に当たって破損するリスク
使用時の大きな騒音
紙詰まりや刃の挟まりによるシュレッダーの停止
一般的に針は取り除くことが推奨されている
シュレッダーの故障は安全上のリスクを伴う
高価な機器の保護
シュレッダーの停止による業務の遅延

ホチキスの針を処理できるシュレッダーも存在しますが、使用時の騒音を避けるためにも、針を取り除いてからの使用が一般的です。

機器がホチキス針に対応しているかは、取扱説明書の「ステープラー対応」の記載で確認できます。

ただし、頻繁に使用すると故障の原因になりうるため、安全のためにも針を外してから使用することが望ましいです。特に、№10の針は大丈夫ですが、№11や№3の針は使用を避けてください。

ホチキス針の簡単な取り外し方法

ホチキスの針を取り外すには、ホチキス自体の後ろ側を使うと手軽です。さらに効率的に取り外したい場合は、「ステープル・リムーバー」などの専用道具が役立ちます。

「ホチトル」として知られるこの道具は、特に女性が使用する際に爪を傷つけることなく針を簡単に取り外せます。

ただし、「ホチトル」がネット通販で入手困難な場合、などの代替品の使用もおすすめです。

created by Rinker
¥293 (2024/02/27 18:00:12時点 楽天市場調べ-詳細)

シュレッダー利用時のホッチキス針処理についての注意点

シュレッダーを使用する際、故障を防ぐためにも、ホッチキスの針を取り除くことが推奨されています。これは、たとえシュレッダーが対応しているモデルであっても同様です。

しかし、ホッチキスの針をそのままシュレッダーにかけると、紙と金属の針が混じった状態になり、ゴミの分別が問題になることがあります。

ホッチキス針の分別は不要

実際には、ホッチキス針の分別は必要ないとされています。

紙のリサイクル工程では、針が付いたままでも問題なく処理されます。ホッチキスの針に関する注意書きにも、「古紙リサイクル工程で支障なし」と記載されていることが多いので、分別のために針を探す必要はありません。

リサイクルの過程で古紙は高温で処理されるため、ホッチキスの針は自然に取り除かれることになります。また、磁石を使用して針を分離する方法もあるので、リサイクルの際には問題となりません。

シュレッダー使用時のホッチキス針の扱い方 まとめ

シュレッダーを使用する際には、ホッチキスの針を取り除くことが重要です。針を取り除かないと故障の原因となることがあるため、特に故障を避けたい場合は、針を外してから使用することがおすすめです。

針の取り除き方や、その理由についても解説しました。専用の道具を使って効率よく針を取り除き、業務の効率化を図りましょう。

 

この記事を最後までお読みいただき、ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました