米代 恭(漫画家)恋愛SF漫画「あげくの果てのカノン」作者自身の恋愛事情は?年収は?【7ルール】

みなさん米代恭さんをご存じでしょうか?

「あげくの果てのカノン」と言えば分る方も

多いのかも知れません。

私もマンガは好きですが、読むといっても

男性ならではのスポーツものなどが

多いです。しかし

米代さんの書く世界観が

非常に普段自分で読むものと

異なっており、

気になりましたのでいろいろ調べてみました。

目次:

  1. 米代 恭さんのプロフィール
  2. 米代 恭さんの漫画家へのきっかけ!
  3. 米代 恭さんと代表作
  4. 米代 恭さんのプライベートは?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.米代 恭さんのプロフィール

出典:https://cakes.mu

本名 米代 恭(よねしろ きょう)

生まれ:1991年生まれ

出身 :東京都練馬区

卒業校:都立大泉桜高等学校

職業: 漫画家

2.米代 恭さんの漫画家へのきっかけ!

米代 恭さんは漫画は小学校の頃から

書き始めたようです。

高校になるとストーリー性のあるマンガを

書くようになり、書いたものが

周りの人から続きがきになると

いうコメントをもらう嬉びにめざめ

漫画家を目指すようになったようです。

そして一旦は大学入学するも在学中に書いた

作品で新人賞で最終選考、担当編集がつき

大学をやめ漫画家の道へ進む決意をしたそうです。

大学時代に書いた作品で担当者がつき

本格的に漫画の世界に進むようになった・・・。

漫画の世界に詳しくないのですが、

そんな大学時代から担当者ってつくものなのでしょうか?

そのような状況から考えましても

非常に才能のある方なのだなぁという気がします。

3.米代 恭さんの作品歴

2009年 マンガ学校入学

「西島大介のひらめき☆マンガ学校」一期生

2012年 「いつかのあの子」で短編デビュー

(アフタヌーン四季賞佳作)

「羽のとりは一緒に集まる」を同士で発表

「ふぞろいの空の下」(WEBマガジン)で長編デビュー

2013年 「おとこのこおんなのこ」(ふぞろいの空の下を改題)

2014年   「僕は犬」

2015年 「あげくの果てのカノン」(月刊スピリッツ連載開始)

作品歴を見ると毎年のように作品をだされており

まさに飛ぶ鳥を落とす勢いのようですね。

また作品の世界観がかなり普段の世界から離れた感じが

しました。身近に経験できない世界を書いておられることが

読者の未知への興味を引く源なのでしょうか?

スポンサードリンク

4.米代 恭さんのプライベートは?

謎に包まれた作者さんで、詳細情報を入りませんでしたが

結婚はしていないようです。

恋愛マンガを書かれているのですが、ご自身は恋愛には

あまり積極的ではないようです。

ただし、現実の恋愛にはあまり積極的ではないようですが、

空想の中ではいろんなイメージが広がるようで、

考え出すと数時間経過していることもあるのだとか・・・。

そのような才能が漫画家としての成功に

つながっているのではないかという気になりました。

5.まとめ

新しい世界観を読者に提供するのが

漫画家の役割かもしれませんが、

なんらかのご自身の経験などに基づいて

書かれるのだと思っていました。

しかし、米代恭さんは自身は恋愛には非常に

奥手という話にもかかわらず、SF恋愛マンガを

書かれているということが非常に

印象深かったです。

今後もどのような世界を見せていただけるのか

興味が尽きない感じです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする