東海林美保(しょうじみほ)三益酒店三姉妹の口コミ、場所や販売方法は?【セブンルール】

こんばんはtakaです。

今回(2019年3月26日)の

セブンルールでは

東海林美保さんの特集が放送されます。

東京赤羽で地酒専門店として

注目されているところです。

お店はお酒の種類の豊富さも

さることながらお店の看板娘の

注目度も高いようですね。

色々調べましたので

ご紹介しますね。

スポンサードリンク
 

目次:

  1. 東海林美保さんのプロフや名前の読み方
  2. 東海林美保さん三姉妹が凄い!?口コミは?
  3. 東海林美保さんのお店の場所や販売方法は?
  4. 東海林美保さんの今後は?

 

1.東海林美保さんのプロフや名前の読み方は?

出典:https://www.google.com

 

名前 :東海林美保(しょうじ みほ)

生まれ:1984年9月9日生まれ

出身 :東京都北区赤羽

卒業校:高校、大学は不明

桐ヶ丘郷中学校

桐ヶ丘郷小学校

所属 :三益酒店

役職 :代表取締役

 

三益酒店はもともと東海林美保さんの

ご両親がお店の切り盛りをしていました。

東海林美保さんは小さいころから

三益酒店になじんでいたからか

「将来は自分が継ぐのだろうな~」

という漠然とした考えは持っていたそうです。

 

高校、大学とテニス部などの部活動と

大学時代は酒蔵通いの生活を送っていたそうです。

“酒蔵通い”とはやはり小さいころからの影響なのか

お酒への興味は並々ならぬものがあるのでしょうね

 

大学卒業後はEH(エクセルヒューマン)

という大阪の一般企業に就職しました。

そのころの東海林美保さんです。

出典:https://www.eh.com

この会社では通信販売課のカタログ製作

などを担当していたそうです。

ちなみにこの会社の理念は

 

“創業から今日まで

「いいもの真っすぐ」をテーマに、

「製造小売業」(SPA)として、

優れた良い商品のみを取り揃え、

消費者の皆さまに直接販売させて頂いております。“

だそうです。

今の東海林美保さん仕事の根底に

共通したものを感じますね~。

 

2010年ころから三益酒店を手伝うようになり

お母さんの病気を機に25歳でお店を継ぎました。

 

東京北人図鑑という番組でも取り上げられていますね。

この番組では三つのキーワード

わくわくを創出する酒屋遊び心をお届けする酒屋。

地酒取り扱い。

人との縁を大切に

2.東海林美保さん三姉妹が凄い!?口コミは?

三益酒店では東海林美保さんが

代表取締役となっていますが、

東海林美保さんの二人の妹さんが

一緒になって盛り上げています。

 

三人の役割などは

長女(美保さん):外回り、商品配達、ネット担当

次女(由美):在庫管理、経理作業

三女(美香さん):角打ち担当

と三姉妹がそれぞれ得意な分野でお店を盛り立てています。

 

(写真左から、美保さん、由美さん、美香さん)

出典:https://akabane.keizai.biz

三姉妹ともお名前に“美”という文字が入ってる通り

お綺麗ですね~。

出典:http://www.mimasu-ya.com

こんなきれいな姉妹がいる店があれば

つい寄ってしまいますよね~。

 

しかもお綺麗なだけでなく、スキル、アイデア、

行動力、情熱が凄いようです。

スキルは、長女、次女がともに利き酒師の資格保有者。

三女は資格取得に向け勉強中?

お店の豊富なお酒の良さをしってもらおうと

するための豊富な知識もお持ち。

 

TVでも紹介された東京唯一の利き酒師美人姉妹が

300種類以上ある、お酒をお好みを聞きながら

美味しいお酒をチョイスして詳しく紹介してくれます。

またその場でお酒を楽しめるように

角打ちを始めたり、

三女の美香さんは、利用者の声に

応え、「〆のコーヒー」提供開始したり

他のお店にはないようなユーザー目線の

サービスのアイデアを提供しています。

三女の東海林美香さんは調理師でもあるようで

2018年4月から家業に携わるようになったようで

6月からランチ営業も開始したそうです。

「キーマカレー単品」(680円)、

「キーマカレーセット」(780円、数量限定)

サラダと口直し(甘酒)をセットにしたもの

今後は定食も予定しているそうです。

角打ちメニューは

「日本酒60ミリリットル」(300円~)、

メニュー表は置かず、銘柄も豊富に取りそろえ、

週替わりで

「新酒角打ち」

「クリスマス忘年会角打ち」

などテーマを決め利用客が楽しめる工夫もされるようです。

「〆のコーヒー」 (300円~)は全営業時間で提供

通常の「酒店」という名前からは想像できない

サービス内容ですね。

 

3.東海林美保さんのお店の場所や販売方法は?

 

東海林美保さんのお店の情報は以下の通りです

三益酒店 みますさけてん

所在地:〒115-0054 東京都北区桐ケ丘1丁目9-17

アクセス

  • JR線赤羽駅徒歩20分
  • 国際興業バス 常盤台行き「赤羽郷」下車1分
  • 地下鉄都営三田線「本蓮沼」徒歩20分

電話: 03-3907-0727

営業時間:10時~20時まで

定休日:月曜日

URL:http://www.mimasu-ya.com

 

お店の外観

 

通販でも以下のURLから

購入できるようですね

https://www.rakuten.co.jp/shudoujyuku-kanzakeya/

スポンサードリンク

4.東海林美保さんの今後は?

三益酒店の考え方は

“◎私たちは遊び心を忘れず、

遊び心をお届け出来る酒屋を目指します。

◎私たちは造り手の酒蔵さんの

想いをしっかりお客様へ

お届け出来る酒屋を目指します。

◎『三益酒店に出逢って良かった!』

出逢う皆さま、それぞれの心に残る

酒屋を目指します。“

 

というものがあるそうです。

 

小さいころから親しんだためものあるのか

お酒への思い入れげ半端ないように感じる

東海林美保さん。

当初の取り組みとして地元密着とか

お酒の造りての方の思いを非常に

大事にされるところから始まっています。

 

そこから端を発し、日本酒そのものの

復権を目指す活動や地元だけでなく

地酒を愛する方に対して全国へと

発送するなど活動範囲と

思い入れの対象をお酒にまつわる

肴、音楽などへとどんどん広がっていっています。

今後どのような活躍が見られるか楽しみですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です