ソリディーモ(SOLIDEMO有吉反省会)で180cm以下メンバーが誰かが明らかに!?

今回(2019年2月2日)の

有吉反省会に

ソリディーモさんが出演されます。

ソリディーモさんと言えば

全員180cm以上の長身イケメン

グループとして、イケメンなだけでなく

全員が長身であることが大きな

アピールポイントとして

活躍してきたグループです。

そのアピールポイントに関して

今回番組で反省することに

なるそうです

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. ソリディーモさんのプロフィール
  2. ソリディーモさんの180cm以下明らかのきっかけ
  3. ソリディーモさんの今まで!
  4. ソリディーモさんの今後は?

スポンサードリンク

1.ソリディーモさんのプロフィール

出典:https://www.google.com/

グループ名:solidemo(ソリディーモ)

結成 :2013年

コンセプト:高身長、イケメン、

歌をしっかり聞かせる

由来 :グループ名由来

「SOLIDE(超かっこいい)」と

「EMO(女々しい)※emotionalの略」

事務所: エイベックス・マネジメント

メンバー:公称身長などは以下

(掲載は身長順)

手島 章斗さん:身長180cm。

向山 毅さん:身長181cm。

佐々木 和也さん:身長181cm

佐脇 慧一さん:身長182cm。

シュネル(渡部 俊英)さん:身長183cm

山口 智也さん:身長187cm。

中山 優貴さん:身長188cm。

木全 寛幸さん:身長189cm。

受賞歴

第56回日本レコード大賞新人賞受賞

2.ソリディーモさんの発覚のきっかけは!?

今回、アピールポイントの全員180cm以上で

あることが真実ではないということで

反省のために出演となったのですが、

なぜ、その事実が明るみになったのでしょうか?

この件が明らかになったのは、過去の

「有吉反省会」での出来事がきっかけのようです。

『有吉反省会』に博多大吉さんが“見届け人”として

レギュラー出演してますが、博多大吉さんの

身長は結構高く、ソリディーモさんの

アピールポイントのボーダーである

180cm近辺の182cm。

ある意味、彼の存在が基準になるような感じですね。

その博多大吉さんがSOLIDEMOと

共演した際に、比較しやすくなったのか

基準身長の大吉より明らかに背が低いSOLIDEMO

メンバーの姿に視聴者が気づきざわついたことが

きっかけだったそうです。

そこで「有吉反省会」の

スタッフがさっそく真相を確かめるべくメンバー全員の

身長を測定すると、

手島章斗さんが176cm、

出典:https://www.google.com

向山毅さんが178.7cm

出典:https://www.google.com

佐々木和也さんが178.6cm、

出典:https://www.google.com

と公称身長で180cm

ぎりぎりだった三人の身長が180cmないことが発覚しました。

3.ソリディーモさんの今まで!

このことに伴い、今回の「有吉反省会」での

反省につながったわけですが、

芸能人である以上、みなさんに観てもらわないと

いけないわけですが、今回のようなことに

つながるリスクも常にはらんでいることが

改めてわかりましたね。

2013年の結成依頼、5年間

身長のサバ読みしていたわけですが、

今まではその点に関しての努力として

「背伸び」、「靴へのインソール入れ」

などを行っていたそうです。

例えば、問題になるのは今回の

きっかけになったような180cm以上

ある他の芸能人の方との共演のとき

などですが、

180cm以上ある東方神起さんとの

撮影のときは背伸びをしたり、

していたそうです。

ファンの方の期待を裏切らないように

との気持ちから出た行動なんでしょうね。

ちなみにメンバーの中で一番背が低い

手島さんは、佐々木さんと向山さんも

自分と同じように180cmないんじゃないかと、

ずっと今まで疑惑の目で見ていたとのことです。

スポンサードリンク

4.ソリディーモさんの今後は?

今回の有吉反省会で

アピールポイントの180cm以上という

点について事実と異なることを告白することは

かなり勇気がいる事だったと思います。

今までもつらい気持ちだったのではと想像します。

ですので、ご本人たちは今後は

3つのアピールポイントの一つであった

「高身長」という点に頼ることなく

しっかり歌できかせる

「真のボーカルグループ」として

成長したいと番組で意気込みを

見せ今後の活躍を誓ったそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする