仲田晃司(ワイン醸造家)wiki風プロフ、醸造姿勢や天地人の評判・値段は?【プロフェッショナル】

1月8日(月)放送のプロフェッショナルで

ワイン醸造家の仲田晃司さんが出演されます。

フランスでも特に閉鎖的とされる

ワイン生産地のブルゴーニュの地に溶け込み

世界の美食都市等で認められるまでに

なった仲田晃司さんが気になり調べましたので

ご紹介します。

目次:

  1. 仲田晃司さんのwiki風プロフィール
  2. 仲田晃司さんのワイン醸造家のきっかけ
  3. 仲田晃司さんのワイン醸造にかける姿勢がすごい!
  4. 仲田晃司さんの天地人の評判・値段は?
  5. まとめ

スポンサードリンク

 1.仲田晃司さんのプロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名 :仲田晃司(なかだこうじ)

生まれ:1972年生まれ

出身 :岡山県高梁市

職業 :ワイン醸造家

なんと仲田晃司さんは人気ワイン漫画「神の雫」

とのコラボ企画としても登場されています。

(プロフィール写真はその一部)

2.仲田晃司さんのワイン醸造家のきっかけ

仲田大学晃司さんのワインとの出会いは

大学時のアルバイト先である上野の

フレンチレストランだとか。将来

自分で美味しいワインを作ってみたいと

1995年渡仏。

フランス各地のワイン生産者のもとで修行し、

1999年、ボーヌの名門ワイン学校

CEPPAで学位を取得したそうです。

平凡な私などはたとえ美味しい物と

出会っても、いろいろほかにも

食べてみたい、それを自分で作りたいと

思うかもしれませんが、単身渡仏すると

いうまでの発想は出ませんね。

しかも1995年ということは大学卒業後

すぐという行動の早さ。

世間に認められるようになる方々には

やはりこのような行動に移す早さに

驚嘆すべきものが感じられます。

その後、ルー・デュモン社設立し、代表に

就任、醸造家として活躍されています。

ちなみに、会社名の

ルー・デュモン(LOU DUMONT)は

設立協力していただいた友人の娘さんの

名前「ルー」、

仲田晃司さん出身地、岡山県高梁市の

象徴「備中松山城」のあるお城山

イメージの「山」という意味の

「デュモン」がその意味とか。

スポンサードリンク

3.仲田晃司さんのワイン醸造にかける姿勢がすごい!

仲田晃司さんのワイン醸造にかける姿勢が

すごい。一日のスケジュールが朝8時半から

醸造所を出るのは毎日深夜0時過ぎとか。

お子さんとの時間が取れないと嘆いているとか。

日本では長時間労働が問題となっていますが、

それに勝るとも劣らないくらいの長時間労働ですね。

ワイン醸造の労働環境はこのくらいが普通なのかと

思いきや、周りの醸造家からは、

その真面目さぶりを笑われたとか。

やはりこの労働時間は一般的ではなく、

仲田晃司さんのワイン醸造への意気込みの

現れなんですね。

それほど、美味しいワインと作りたいと

いう気持ちが強いのですね。

スポンサードリンク

4.仲田晃司さんの天地人の評判・値段は?

仲田晃司さんのワインには天地人と

いう名前がついています。

この名前にはワイン作りに必要なのは

普通「土」(土壌)と思われがちですが、

「天」の恵みとともに、特に「人」の

きめ細かな仕事が加えられてこそ、

完成するものだという考えから

つけられたものだそうです。

念願の醸造所を構えた日、周辺の住民などと

ホームパーティをしたとき、ゲストの

ブルゴーニュの神様と言われ、めったに他人を

褒めない厳しいと評判の「アンリ・ジャイエ」

さんに大絶賛されました。

¥3,400円

そのような評判なのでとてもお高いかと

思いきや、 非常にリーズナブルですよね

それにより、生真面目な長時間労働の

日本人が作ったワインというだけの

評判が一変しました。

5.まとめ

レストランでの出会いから

渡仏、よそ者に厳しい地域での

当初目標達成を果たした。その行動には

なかなか行動に移せない、踏み切れない

管理人としては見習うべき点が

たくさんあるな~と考えさせられました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする