光岡進(光岡自動車)経歴やオロチ、ロックスターなど車種が凄いが年収は!?【がっちりマンデー】

こんにちはtakaです。

みなさん車はお好きですか!?

最近は車を所有するから

シェアすることに移行しつつ

あるなど時代の流れが

変わりつつありますが、

私は車が好きです。

といいますか車がないと

生活が不便な所に住んでますので(泣

今回(2019年2月3日)の

がっちりマンデーでは

光岡進さんの会社、

光岡自動車が取り上げられます。

今回のがっちりマンデーの

テーマは

「巨大業界できらりと光る

ちびっこ企業」です。

光岡自動車は自動車業界において

独自の車で注目を浴びている会社です。

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. 光岡進さんの経歴は!?
  2. 光岡進さんの車種が凄い!?
  3. 光岡進さんの年収は!?
  4. 光岡進さんの今後は!?

スポンサードリンク

1.光岡進さんの経歴は!?

出典:https://www.google.com

名前 :光岡進(みつおかすすむ)

生まれ:1939年3月4日生まれ

出身 :富山県

卒業校:富山工業高校

所属 :光岡自動車

役職 :会長

略歴

1957年:高校卒業。

日野自動車入社(営業職)

1982年:「BUBUシャトル」発表。

1994年:「ゼロワン」発表

1996年:乗用車メーカ認可取得(日本10番目)

「ガリュー(我流)」発表

2006年:スーパーカー「大蛇(オロチ)」発表

2008年:「ヒミコ(卑弥呼)」発表

2010年:「ライク(雷駆)」リリース(電動化対応)

2017年:パーソン・オブ・ザ・イヤー選出

1982年に50ccエンジンを搭載して

自動二輪免許・原付免許で運転が可能な

ゼロハンカーとして「BUBUシャトル」を発表。

しかし、1985年の道交法改正により

原付免許などで運転不可に。

2001年参加基準緩和された東京モーターショー

への「大蛇(オロチ)」発表でその独自

デザインを受けたことがのちの市販化に

繋がったそうです。

2.光岡進さんの車種が凄い!?

光岡進さんの会社の光岡自動車さんの

車種がとにかくユニーク。

原付ミニカー制度の基礎となったBUBU

出典:https://clicccar.com

ロードスターのエンジン搭載を搭載し、

光岡が自動車メーカーとなった一号車、ZERO1

出典:https://clicccar.com

「ガリュー(我流)」

出典:https://www.google.com

スーパーカー「大蛇(オロチ)」

出典:https://www.google.com

「ヒミコ(卑弥呼)」

出典:https://www.google.com

ライク(ベースモデル)

三菱自動車のi-MiEVをベースに、

軽自動車よりも5人乗りのメリットを

取って普通車にしたクルマです。

出典:https://www.google.com

ライクT3

出典:https://www.google.com

私の世代で子供頃遊んでいた

ミニカーで良く見たようなカッコいい

形の車を現実化させたような車ばかりですね。

3.光岡進さんの年収は!?

光岡進さんの年収情報そのものは

見つかりませんでしたので、

企業規模などから推測できるような

情報を探してみました。

光岡自動車の企業概要は以下の通りです。

本社所在地〒939-8212

富山県富山市掛尾町508-3

設立    1979年(昭和54年)11月

事業内容:開発車事業

正規新車ディーラー事業

中古車事業

資本金:1億円

売上高:231億円

(2017年度12月期:国内グループ実績)

従業員数:411名

(2017年度12月末:国内グループ全体)

従業員数と年収との関連は

以下の表の通りです。

これらから光岡進さんの

年収は4,000万円くらいではないかと

推測されます。

スポンサードリンク

4.光岡進さんの今後は!?

今までも既成と規制との戦いを

続けてきた光岡進さん。

ご自身でも

“「ウチみたいな田舎の会社は、

他がやらないことをやらなくちゃ

生き残れないからね。優等生的な

仕事で大企業に勝てるわけないんだから。

『こんなことやっていいのかな』

『これってやりすぎかな』と

思えるようなことにどんどん

挑戦できるような人が大事なんだよ」“

とおっしゃっています。

自分の信じた道を突き進める人が

光岡自動車のような

独特の車を生む原動力になっていると思います。

今後もそのような独特な車を

発表しつづけ、現代の車離れに対しての

起爆材になればよいなと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする