松崎謙一(FREEPERSON代表) ドローンパイロットの活動内容や年収は?【U-29】

みなさんドローンってご存知ですよね?

「空の産業革命」とも言われ、

いろんな意味で最近注目を集め始めています。

今回のU-29ではそのドローンパイロットとして

起業された、松崎謙一さんのお話しです。

目次:

  1. 松崎謙一さんのプロフィール
  2. 松崎謙一さんドローンパイロットのきっかけ
  3. 松崎謙一さんとドローパイロット事情(年収など)
  4. 松崎謙一さんのプライベートは?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.松崎謙一さんのプロフィール

出典:http://www4.nhk.or.jp

本名 :松崎謙一(まつざきけんいち)

年齢 :28歳

出身 :香川県高松市

所属 : FREEPERSON代表

2.松崎謙一さんドローンパイロットのきっかけ

お子さんへのプレゼントとしてドローンを

買ってあげたそうです。

ところがそのプレゼントにはまったのは

お子さん以上に買ったご本人だったそうです。

それがきっかけで趣味となったのがすべての

始まりだそうです。

それがいつしか仕事としてしたいと思うまでに。

この気持ちはわかるような気がします。

私もネット上か何かでドローンスクールの

情報、明るい将来性に興味を持ち、

お手軽値段のドローンを買って

試してみたのですが、簡単かと思いきや

自分の意図したとおりに動かすことが

意外に難しいですが、空中を何の制約も

なく動かせるという楽しさに

はまりそうになりましたから。

スポンサードリンク

3.松崎謙一さんとドローパイロット事情(年収など)

ドローンは「空の産業革命」と言われるほど注目されてます。

ドローンパイロットは2010年代から普及し始めたとのこと。

種類や、制御方法など様々です。

日本ではドローン操縦士の公的資格はいまだになく、

誰でもなれるそうです。ただし

操縦の難しさ、さまざまなリスクも伴うため

法整備も遅ればせながら整いつつあり、

今後、ドローンを飛ばすにはますます規制が増え、

事前の届け出、申請等が必要になると思われます。

プロと呼ばれるにはフライト経験が50~100時間程度。

プロの人数はいまだに少なく、100人程度。

腕の良いパイロットに集中する傾向にあるようです。

ドローン操縦士の職種別年収を予測してみると、

農薬散布ドローン操縦士:320万円~510万円

測量ドローン操縦士:330万円~520万円

空撮ドローン操縦士:350万円~640万円

セキュリティドローン操縦士:300万円~500万円

以上となりますが、腕の良いパイロットに注文が集まり

その方々の金額は上記より多い傾向にあるように思われます。

確かに飛ばすだけであれば、どなたにもできるのですが、

人によりスキルが異なるため、

自分の望む結果を出せる人にお願いしたいと思いますので

この結果は納得できると思います。

ドローンはやはり風の影響を受けることが強く

写真を撮影することを想像していただければわかると思いますが

手振れで写真がぼけてしまうように

ドローンが風の影響でふらふらしてしまうと

きれいな写真が撮れませんので。このあたりに差が

出るように思います。

4.松崎謙一さんのプライベートは?

最初の方にも書かせていただきましたが

松崎さんは結婚されており、お子さんもおられます。

そのお子さんのプレゼント用として購入された

ドローンが起業のきっかけ。

確かに注目を浴び始めているドローンですが

独立、起業とまでなるとやはりよほどの

覚悟が必要と思うのですが、

特に既婚者の方は家族を養うということが

脳裏によぎるとおもうのですが、

それほど、ドローンの将来性に

魅力を感じられたということなのでしょう。

5.まとめ

世間同様に私もすごく動向を注目していた

ドローンでの起業されている方の

今回の取材。ぜひ、松崎謙一さんの

活躍を注目、期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする