菰田正信(三井不動産社長)経歴・年収が凄い!?家族や結婚は!?日比谷が要衝!?【カンブリア宮殿】

こんばんはtakaです。

今回のカンブリア宮殿では

菰田正信さんが出演されます。

名字の菰田という字が普段

あまり見慣れないですが

「こもだ」と読むそうです。

大会社の三井不動産の

代表取締役社長さんであり、

既に不動産業界の

トップを占める位置でありながら

独創的な都市開発で

さらなる野望へと突き進んで

おられます。

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. 菰田正信さんの経歴が凄い!?
  2. 菰田正信さんの年収は!?
  3. 菰田正信さんのご家族は!?
  4. 菰田正信さんの日比谷が東京の要衝?
  5. 菰田正信さんの今後は?

スポンサードリンク

1.菰田正信さんの経歴が凄い!?

出典:https://www.google.co.jp

名前 :菰田正信(こもだまさのぶ)

生まれ:1954年6月8日生まれ

出身 :東京都田園調布市

卒業校:東京大学法学部

東京教育大学附属高等学校

(現・筑波大学附属高等学校)

所属 :三井不動産株式会社

役職 :代表取締役社長

1978年 三井不動産入社

2003年 経営企画部長

2005年 執行役員

2006年 グループ執行役員

2008年 常務執行役員

2009年 乗務取締役

2010年 専務取締役

2011年6月~代表取締役社長

クラブ:バスケットボール(中学・高校)

2.菰田正信さんの年収は!?

菰田正信さんの勤めてらっしゃる

三井不動産は日経平均株価を構成する

225銘柄に名を連ね、いうまでもなく

日本有数の大企業です。

資本金等の情報は以下の通りです。

資本金           339,766百万円

(2016年3月31日現在)

売上高 連結:1兆5,679億69百万円

単独:5,682億70百万円

(2016年3月31日現在)

そのような大企業の社長さんが

どれくらいの年収をもらっているのか

非常に興味がありますよね。

調べたところ2014年と少し古い情報ですが

見つかりました。

三井不動産の年収は日経平均になお連ねる

会社ののうち報酬が一億円以上の方の

ランキング中、53位を占める

1億7千7百万円でした。

ちなみに従業員の報酬額は1千百万円でした。

社長さんの年収も凄いですが、従業員の方の

報酬も凄いですね。さすが大企業は違いますね。

3.菰田正信さんのご家族は!?

菰田正信さんのご家族についてですが、

情報が見つかりませんでした。

菰田正信さんは5人家族の家庭で

育たれ、田園調布ということで

それらの情報からすると裕福な家庭を

想像してしまいそうですが、

お父さんを早くに亡くされている

そうですので、必ずしも一般的に

想像するような裕福な感じではないのかも

しれませんね。出演時にそのあたりの

話しもされるのかもしれません。

情報あれば更新したいと思います。

スポンサードリンク

4.菰田正信さんの日比谷が東京の要衝?

従来、三菱地所の丸ビル、新丸ビルの

ある丸の内がオフィスビル、

ビジネスの中心であることの

象徴のようなイメージであったことに対して

菰田正信さん率いる三井不動産として

日比谷を盛り上げていこうとしています。

それも単にビル単体でではなく、

街全体としての魅力を高める事を

進めようと。

その切り札として考えられるのが

三井不動産が筆頭株主である帝国ホテルだ

そうです。

街としての魅力あふれるものにするためには

ビジネスマンのオフィス街というだけでなく

女性たちが気軽に散策できる、

かるくお茶したいと思った時に

「帝国ホテル」という存在があると

他の土地との強力な差別化ポイントになると

考えられているそうです。

出典:https://style.nikkei.com

そこに日比谷仲通りの道路の歩行者専用化で

散策のしやすさ、帝国ホテルへの

立ち寄りやすさが促進されたこと。

また他の街にない、日比谷公園が背後にあることにより

景色の一部として取り込むことにより

オフィス街として以上の街の魅力向上に

つながる特殊な立地環境が強みということでしょう。

(パークビューガーデン)

出典:https://style.nikkei.com

オフィスビルからこんな風景が

見れると良い気分転換になりますね。

5.菰田正信さんの今後は?

すでに不動産業界ではトップを走り、

2020年の東京オリンピックに向けて

一般的には右肩上がりの景気が予想されていますが、

懸念はやはり、東京オリンピック後と思われます。

その点に関しては、現状の好景気に甘んじず

新たなイノベーションを求めて挑戦しようと

されているようです。

そこには消費者の求めるものが単なる

「入れ物」ということではなく、

どのような暮らしができるかということが

求められておりそれにどのように対応

していくかということのようです。

考え方としては、通常、時とともに

価値が低下する「経年劣化」に対し、

時の経過とともに魅力が増す、

「経年優化」を実現できる

街づくりを目指すそうです。

今後どのような魅力的な街が

出現するのか楽しみですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする