金原ひとみのプロフは?壮絶な生い立ちだが現在は作家活動や結婚や旦那は?

出典:https://ddnavi.com

毎週金曜日午後10時から

NHKで放送中の「言葉にできない、そんな夜。」

自分の感情にぴったりくる言葉を

ゲストと一緒に探していく

新感覚国語エンターテイメント番組です。

 

2022年4月22日放送予定の

「言葉にできない、そんな夜。」では、

小説家の金原ひとみさんが出演されました!

 

壮絶な生い立ちをしてきた金原ひとみさんの

気になるプロフィールや現在のことを

調べてみたので一緒にみていきましょう!

1.金原ひとみのプロフィールは?

出典:https://ddnavi.com

プロフィール

名前:金原ひとみ(かねはらひとみ)

生年月日:1983年8月8日

年齢:38歳(2022年4月現在)

出身:東京都

職業:小説家

デビュー作:「蛇にピアス」(2003年)

親族:金原瑞人(父)

 

金原ひとみさんは現在30歳とのことで、

20歳の時に「蛇にピアス」で

デビューしたことがわかります。

 

「蛇にピアス」といえば、過激な

描写があり話題になりましたが、

若くでこの作品を書いていたことに驚きです。

 

次の項では金原ひとみさんの

生い立ちについても紹介しますが

その生い立ちが「蛇にピアス」の

内容へもつながったのではないでしょうか。

 

また父親は金原瑞人さんで、

出典:https://www.google.com/

翻訳や児童文学の研究をされている方です。

小説家になるきっかけはお父様の職業も

関係しているのかもしれませんね。

スポンサードリンク

2.金原ひとみは壮絶な生い立ちだった?現在はどうしている?

金原ひとみさんは小学校4年生の時に

不登校になり、中学、高校には

ほとんど通っていないようです。

 

不登校になった理由というのが

「なんだかあらゆることが面倒臭くなってしまったんです。

授業をうけなきゃいけないこととか、

先生の言うことを聞かなきゃいけないというのが。」

なんだそうです。

小学校四年生でこのように感じたんだそうですが

一体何があったんでしょうか?非常に気になりますね。

 

最終学歴は文化学院高等課程中退となっています。

 

小学6年生の時に父親の留学に伴って

1年間サンフランシスコで暮らしました。

 

その頃、父親が日本の小説をどっさり買ってきて

「置いておくから興味のある本があったら読んでみたら」と言われ、

これが小説を書くきっかけになったという。

 

現地の学校にもあまり行かず

この時期に本をたくさん読んだそうです。

 

当時12歳だった金原ひとみさんは、

この頃から小説を書き始めました。

 

子どもの頃から小説を書くことを

始めていたんですね!

 

金原ひとみさんは10代の頃から

「消えたい」と思い続けていたようで

非常階段から飛び降りようか悩んだり

リストカットをしたり、ピアスをしたり

タトゥーを入れたり、拒食になったりと、

体を傷つける行動を繰り返していたようです。

 

その後小説家となるきっかけを与えたのは

父親の金原瑞人さんでした。

父のゼミに「姪っ子の高校生」として参加し、

周囲の勧めですばる文学賞に応募しました。

 

すると,2003年に「蛇にピアス」で

第27回すばる文学賞を受賞。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蛇にピアス (集英社文庫) [ 金原ひとみ ]
価格:528円(税込、送料無料) (2022/4/21時点)

楽天で購入

 

 

 

『蛇にピアス』は、2008年に公開された映画作品にまで

なっていますね。

“痛み”によってしか“生”を感じられない

少女の姿を描いた作品で、監督は蜷川幸雄さんが務めました。

主演には吉高由里子さん、共演には高良健吾さんや

井浦新さんなどがスゴイメンバーが名を連ねており

注目度が高かったことが伺えますね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

蛇にピアス【Blu-ray】 [ 吉高由里子 ]
価格:4261円(税込、送料無料) (2022/4/21時点)

楽天で購入

 

 

 

翌年には同作で、第130回芥川賞を

受賞しました!

それからも数々の賞を受賞しており、

現在執筆活動を続けています。

中学卒業後、同棲したり友達の家に

居候したり転々としてたんですが、

一編書き上げると家に帰って父に読ませ、

批評してもらってました。

翻訳家兼大学教授のお父さんに指導を受けていたという

ことも金原さんにとっては大きな影響を受けたことの一つかもしれませんね。

 

壮絶な生い立ちをしてきた金原ひとみさんですが、

小説を生きる糧としてきて、それが評価されたことは

真似しようとしてできることではなく

金原ひとみさんだからできたことですね。

 

スポンサードリンク

 

3.金原ひとみは結婚している?旦那は誰?

たくさん苦労されてきた金原ひとみさんですが、

結婚しているのか気になるところですよね。

調べたところ、2005年に一般男性と

結婚しているようです。

集英社に勤めている方なのだとか。

 

子どもも2人いるようで、

2007年に長女を出産、

2011年頃には次女を出産しているようです。

 

その後、東日本大震災に伴って発生した

原発事故による放射能汚染を心配して

家族でフランスへ移住をしています。

約7年のフランス移住を経て

2018年には日本に帰国したようです。

 

プライベートなことはあまり

公表していない金原ひとみさんですが、

家族を大切にしていることがわかりますね。

 

スポンサードリンク

 

4.まとめ

壮絶な生い立ちをしてきた金原ひとみさんですが、

その経験があったからこそ数々の小説を書き

自分にしかできない人生を歩んできました。

消えたいと思うほどの苦労があったでしょうが、

現在は家族と穏やかな生活を

過ごしているのではないでしょうか。

 

今後も金原ひとみさんならではの表現や

執筆活動に注目していきたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です