城戸善浩(ヤマキ社長)wikiプロフ、カツオ高騰やその対策は?【夢遺産】

2月19日(月)夜10時54分から

放送の番組、

夢遺産に城戸善浩さんが

出演されます。

城戸善浩さんはヤマキのめんつゆ

などで有名なヤマキの社長さんです。

いろいろ調べましたので、

ご紹介しますね。

目次:

  1. 城戸善浩さんのプロフィール
  2. 城戸善浩さんとヤマキ
  3. 城戸善浩さんとカツオの現状
  4. 城戸善浩さんと対策は?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.城戸善浩さんのプロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名 :城戸善浩(きどよしはる)

出身 :愛媛県

卒業校:一橋大学経済学部

所属 : ヤマキ株式会社

経歴 :

1988年:味の素入社

1994年:ヤマキ入社

2001年:専務

2007年:代表取締役社長

城戸善治さんは最初から

ヤマキ入社かと思ってましたが

最初は味の素へ就職していたの

ですね。

2.城戸善浩さんとヤマキ

プロフィールにも書きましたが

城戸善治さんは1988年に

味の素入社、その後ヤマキへ

入社しているようです。

ご存じの方もいるかも知れませんが

味の素とヤマキは2007年に

資本・業務提携をしていたのですね。

両社は和風調味料事業のコア原料

かつ日本の伝統的食材でもある鰹節を

基点に和風調味料を広く普及させる

ことを通じて、消費者へのおいしく

健康的な食生活に貢献することを目指す

という経営ビジョンを共有している

ということでの資本・業務提携とのこと。

ヤマキは2017年に創業100年を

迎えた伝統ある企業なんですね。

ヤマキのメンつゆと言えば

みなさんの記憶にあるメーカーですよね。

3.城戸善浩さんとカツオの現状

ヤマキといえば、主にカツオ節を

中心とする調味料を扱うメーカー。

もちろん、その主材料はカツオ。

特に冷凍カツオなのですが、

近年、他の魚類とともに

カツオの価格高騰が著しく、

関連するメーカーに多大な

影響を与えているようです。

出典: https://mainichi.jp

これに伴い2017年には値上げが

相次ぎました。

・ヤマキ『家庭用かつお節』7~15%値上げ

・にんべん『家庭用かつお節』10~25%値上げ

・マルトモ『家庭用かつお節』7~11%値上げ

かつお節からとられるかつおだしはさまざまな和食に

使われている(うどん、おでんなど)のでそれらの

値上げも懸念されそう。

その原因は原料となる冷凍カツオの不漁。

漁場となる場所で漁を行うための入漁料の

値上げやシステム変更や

外国の超大型船などによる乱獲などが

その原因ではないかと言われています。

スポンサードリンク

4.城戸善浩さんと対策は?

上述しましたようにカツオに限らず、

価格高騰傾向が著しい近年。

城戸善治さんに限らず、原料価格の

高騰の影響をいかに吸収し、製品価格を

抑える、商品価値向上を図るなどして

企業利益を確保することは経営者として

最大の課題。その方法については

探してみましたが、情報が見つかりません

でした。番組の中で明らかになるので

しょうね。

どのように対策したのか楽しみです。

5.まとめ

少し前にテレビでサンマの価格が

高騰している。その原因が

外国の大型漁船が日本の漁場に

来る前に乱獲されているのでは?

と懸念されてましたが、カツオも

同様だと今回調べて知りました。

このような状況を改善するために

企業側の努力もさることながら、

国際的な取り決めがなされ

各国間で平和的に解決され、

食卓への影響が抑えられることを

期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする