加藤庸子(脳神経外科医)経歴や実績が凄い!ゴッドマザーの評判や結婚、年収は!?【情熱大陸】

こんばんはtakaです。

今回(2019年1月20日)の

情熱大陸では加藤庸子さんの

特集が放送されます。

加藤庸子さんは

“脳外科のゴッドマザー”と

呼ばれるほど凄いお医者さんだそうです。

以前アップしました、女医さんの

明石定子(乳腺外科医)経歴やきっかけ、

女性目線で患者によりそう治療・活動が凄い!【プロフェッショナル】

の時もご紹介しましたが、以前として

男性社会であるお医者さんの世界で

まさにパイオニアとして

切り開いてきた加藤庸子さんが

どのような方で、どのような

経験をされ、世界を切り開い来られたのかなど

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. 加藤庸子さんのプロフや経歴は!?
  2. 加藤庸子さんの実績が凄い!?
  3. 加藤庸子さん、ゴッドマザーの評判は!?
  4. 加藤庸子さんの結婚や年収は!?
  5. 加藤庸子さんの今後は!?

スポンサードリンク

1.加藤庸子さんのプロフィールや経歴は!?

出典:https://www.google.com

名前 :加藤庸子(かとうようこ)

生まれ:1952年生まれ

出身 :愛知県

卒業校:愛知医科大学医学

所属 :藤田医科大学ばんたね病院

両親 :父:開業医、母:大学教師

略歴

1978年:愛知医科大学医学

1984年:藤田保健衛生大学脳神経外科へ入局

1985年:脳神経外科認定医取得

2006年:脳神経外科教授(日本女性初)

藤田保健衛生大学医学部

2010年:藤田保健衛生大学病院

総合救命救急センター センター長

2012年:日本脳神経外科学会理事(女性初)

2014年:藤田保健衛生大学坂文種報徳會病院へ移籍

2016年:藤田医科大学ばんたね病院院長補佐

加藤庸子さんが外科医の道の進んだは、

主任教授からの『あなた、見るからに

健康そうだから脳外科医やりませんか』

とのお誘いだったそうで、そういわれて。

「見込んでもらえたことが嬉しくて、即決しました」

そうです。

プロフでも書かせて戴いた開業医の

お父さんも星状神経節のブロック手術で

知られており、北海道から沖縄まで、

全国から患者さんがいらしてました。

心臓外科の救急患者さんも受け入れていたので、

消防車や救急車がひっきりなしにやってくる。

だから子どもの頃は、父が布団で寝ているのを

見たことがありません

2.加藤庸子さんの実績が凄い!?

毎年10万人を超える人が命を

落とす脳卒中。特に死亡率が高い

「くも膜下出血」の原因となる

脳の血管に出来た”こぶ”をチタン製の

特殊なクリップで挟み、破裂を未然に防ぐ

「クリッピング術」のスペシャリスト

として世界的に注目されており、

3,000例を超える手術を行ってきたそうです。

女性外科医として世界で一番多く、

脳動脈瘤手術を行ってきたことで

知られる加藤庸子さん。

そのきっかけとなる出来事は

1984年の藤田保健衛生大学

脳神経外科へ入局

ではないかと思われます。

そこで直属の上司となったのが、

世界で数人しかできない無血手術の

技を誇るクリッピング手術の

ゴッドハンド、佐野公俊氏だったそうです。

手術で開頭した患者さんの術部を

目の前にし、先生が手術しながら

解説してもらえるという

世界的名医の愛弟子として、

最高のポジションで修行することを許された

事がその後の凄腕女性脳外科医としての

キャリアの基礎を築くとともに

急成長のきっかけとなったと思われます。

そのようなきっかけとその後の

実績数などが注目され、その技術を

求めて国内ばかりではなく

海外からも手術指導を依頼され、

毎年20回以上にわたって指導することなどの

実績で、いつしか

“脳外科のゴッドマザー”と呼ばれる存在に

なったそうです。しかも

“「できるだけ病院を空けないよう、

外来が終わってから夕方の深夜便で

でかけたりしています。滞在時間も短いですよ

。アフリカでの2日間コースの場合には、

前日の夜に到着して、2日間活動して、

また深夜便で帰る。余分な時間を

とったことはありません。帰国したらすぐ手術です。

しかもホテル代以外はほぼ自腹だそうです

す、すごすぎる!

たしかにご自身の実績だけでなく

指導にこれほど奔走されていたら

そのような呼び名がつくのも

不思議ではないですよね!?

ですが、現在もまだ残っているかも知れないようですが、

加藤庸子さんが脳外科医として活動し始めたことは

いかにも医師が男性社会ということを

感じさせるようなことが頻繁に

あったそうです。

脳外科ということで当時は

手術自体の難易度や器具、術式も

未熟だったということで、お医者さんの

間だけでなく、患者さんも何かにつけて

やはり男性医師を頼るような風潮が

あったようです。

技量は遜色ないにもかかわらず、

そのような風潮などの影響もあり患者さんとの

信頼を得たり、築けない状態で

執刀医を諦めざるを得ないこともあったようです。

3.加藤庸子さん、ゴッドマザーの評判は!?

そういう風潮にも負けず、

恩師・佐野公俊直伝の丁寧で

美しいオペをするだけではなく、

患者さんとの信頼関係を築くために

様々な試みをされているそうです。

「朝の散歩」

「市民講座」年二回(1981年~)

「Fujita脳神経外科友の会」

「術後の包み隠さない説明」

治療に対して不安を持つ患者さんの

不安を解消するため、同じ症状の

患者さん同士で情報交換してもらう場に

参加する。

患者さんからは

「偉ぶらず、お医者さんというより

お母さんみたい」と言われるほどの信頼。

患者さんに正しい知識を持ってもらい

少しでも不安をなくすための講座など。

また公明正大な説明がやはり絶大な

信頼を築く元と思われます。

スポンサードリンク

4.加藤庸子さんの結婚や年収は!?

加藤庸子さんのご結婚に関して

調べてみましたが

はっきりした情報が見つかりませんでした。

ですが、ある記事で「結婚より仕事を選び、」

という文章がありましたので、

また「92歳の母と二人暮らし。

愛犬レディーとの散歩が日課という66歳。」とも

ありましたので、

もしかしてご結婚されてないのかもしれませんね。

ご自身のご結婚よりもお仕事でも活躍に

精力を注がれ、女性の活躍のための

場を切り開かれたのと思われます。

これほどの活躍をされる加藤庸子さん年収は

おいくらくらいなのか気になりますね!

脳神経外科医の年収情報として以下のものが

見つかりました。

ですが、加藤庸子さんの場合は、実績なども

突出していますので、

2,000万円以上はあるのでは!?と推測します。

出典:https://doctor-agent.jp/

5.加藤庸子さんの今後は!?

1984年に藤田保健衛生大学脳神経外科へ入局し、

非常に精力的に活躍されてきた加藤庸子さん。

現在も、手術の執刀だけでなく、

国内外問わず、指導に奔走されています。

ですが、現在66歳。毎年10万人以上が

人命を落とす脳卒中の傾向は今後も急激に

改善することはないと思われ、加藤庸子さんの

ような手腕を持つ方が今後も継続して

必要になることは明白と思われます。

ただ、加藤庸子さんと同様の活躍を

することは非常にハードルが高いことだと

思いますが、現在加藤庸子さんが

指導される方の中から、第二、第三の

加藤庸子さんのような方が現れる事を

期待します。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする