石渡美奈(ホッピー社長) wiki風プロフ、結婚やそのプライベートは?【夢遺産】

みなさんは「ホッピー」って飲まれたことありますか?

ビール味の低アルコール清涼飲料として

関東圏で支持される飲料です。

関西圏の私にはあまりなじみがなかったのですが、

そのホッピーイコールおやじの飲み物という

イメージを変え、成長させた

石渡奈美さんのお話しです。

目次:

  1. 石渡美奈さんのプロフィール
  2. 石渡美奈さんの活動のきっかけ
  3. 石渡美奈さんの活躍がすごい!
  4. 石渡美奈さんのプライベートは?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.石渡美奈さんのプロフィール

出典:https://www.google.co.jp

本名 :石渡美奈(いしわたりみな)

生まれ:1968年生まれ

出身 :東京都

卒業校:立教大学

所属 :ホッピービバレッジ株式会社代表取締役社長

経歴  :

1990年:日清製粉 入社

1997年: ホッピービバレッジ(旧コクカ飲料)入社

日清製粉の人事部での活躍の後、広告代理店を

経て、97年に祖父が創業のホッピービバレッジに

入社されたとのこと。

2.石渡美奈さんの活動のきっかけ

石渡美奈さんはホッピービバレッジ

創業者、石渡秀師のお孫さん。

ですが、ホッピーを継ぎなさいとは

言われなかったそうです。

ご本人はご自身の伴侶を跡取りにと

思っておられたようですが、

広告代理店時の営業職に就き

仕事の面白さに目覚め、その時点で

初めてご自身でホッピービールに

貢献できるのでは?と遠回りしながらも

入社を決意されたとのこと。

ホッピー入社後のご活躍から考えると

就職時の考え方が信じられない感じですね。

スポンサードリンク

3.石渡美奈さんの活躍がすごい!

石渡美奈さんの担当は広報宣伝。

お酒のみの悩みのたねのひとつである

痛風の原因であるプリン体が含まれてないことから

イメージ戦略で低カロリー、低糖質

プリン体ゼロというヘルシーイメージ強調や

ご自身を広告塔とした(ホッピーミーナ)

斬新なイメージ戦略や地道な営業活動により、

5年間で年商3倍、年30%の増益を実現。

入社後わずか6年の2003年から副社長に

就任。

入社後わずか6年で副社長って、

どれだけのスピード出世なんでしょうか?

とても就職当時、寿退社が女性の

花道なんて思ってた方と同一人物とは

思えませんね。

ですが、実績を見れば納得の数字ですね。

4.石渡美奈さんのプライベートは?

大学卒業後、就職当初は当時の世間の

風潮の影響を受けてか寿退社が花道と

いう考えであったという石渡美奈さん。

思惑通りあっという間に寿退社するも

その後、半年で離婚されたそうです。

その後の情報は見つかりませんでした。

5.まとめ

納得しないと動かない石渡美奈さんを

見て、ある上司が石渡美奈さんに

その仕事振りから「お父さんや祖父の

仕事振りを見て育ちましたね」と言われ

のちにその意味が分かり、ホッピーへの

入社、貢献できることに気づいたそう。

気づくまで遠回りされましたが、

その分というかお気づきになられた後の

活躍はその遠回りしたとは思えないほどの

すごさですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする