広津崇亮(HIROTSUバイオサイエンス)wikiプロフ、経歴や受賞歴が凄い!?線虫がにおいでがん検査!?費用などは!?【ガイアの夜明け】

こんばんはtakaです。

今回(12月17日)に放送された

ガイアの夜明けで

広津崇亮さんの取り組まれている

内容が紹介されました。

 

それはがん検査の新しい方法です。

みなさんがん検査って受けられたこと

ありますか?放送でも紹介されていましたが

日本の受診率は他国と比較して

低いそうです。

 

理由として費用が高い、めんどくさい、

痛みなどの理由だそうです。

私はそろそろ気になる

年齢ですので、胃と大腸の

検査を受けたことがありますが

確かに事前準備も必要ですし、

痛みもありますし、費用もそれなりに

かかりますのでよほど気になるような

状態でないとなかなか

受けに行こうという気になれない気持ちも

分かるような気がします。

 

広津崇亮さんはそのような障壁を

なくし、もっと受診しやすく

する方法を研究されている方です

 

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

 

目次:

  1. 広津崇亮さんのwikiプロフ経歴や受賞歴が凄い!?
  2. 広津崇亮さんのきっかけ
  3. 広津崇亮さんの線虫がにおいでがん検査!?
  4. 広津崇亮さんの費用などは?
  5. 広津崇亮さんの今後は!?

スポンサードリンク

1.広津崇亮さんのプロフィール

出典:https://www.google.com

 

名前 :広津崇亮(ひろつたかあき)

生まれ:1972年4月25日生まれ

出身 :山口県

卒業校:東京大学大学院理学系研究科生物化学

東京大学理学部生物学科卒業

私立東大寺学園卒業

所属 :HIROTSUバイオサイエンス

役職 :代表取締役

経歴 :

1997年 サントリー株式会社入社

2001年 東京大学大学院理学系

研究科生物化学専攻 博士課程修了(理学博士)

2001年 日本学術振興会 東京大学遺伝子実験施設

特別研究員

2004年 京都大学大学院生命科学研究科

ポスドク研究員

2005年 九州大学大学院理学研究院生物科学部門 助教

2016年 株式会社HIROTSUバイオサイエンスを設立し、

代表取締役に就任

2018年 Adjunct associate professor, QUT(Australia)

 

受賞歴:

2000年 線虫の匂いに対する嗜好性解析論文「Nature」に掲載

2002年 井上研究奨励賞受賞(井上科学振興財団)

2016年 開発研究奨励賞(ニューロクリアティブ研究会)

2016年 中山賞奨励賞(中山人間科学振興財団)

2016年 ナイスステップな研究者(文部科学省)

 

2.広津崇亮さんのきっかけは!?

プロフの部分で紹介させていただきましたように

広津崇亮さんの出身大学は東京大学理学部です。

 

理科2類でその後のは通常は農学部に行かれる方が

多いようですが、広津崇亮さんは理学部に進まれた

そうです。

その後、20年間“線虫の嗅覚の研究”を

行っていたそうです。

 

“線虫の嗅覚の研究”をしようと思った動機は

当時、嗅覚の研究が他の視覚や聴覚などの感覚と

比較して遅れていたからだそうです。

まだ研究が進んでいない分野でチャンスが

大きいと判断したということでしょうかね。

 

人間以外の他の動物は五感の中でも嗅覚に頼っている

事が多いのですが、人間は主に視覚に頼っていることが

多いため、従来は視覚に関する研究が進んでいたようですが

他の感覚、嗅覚などの研究は進んでいなかったようです。

 

実際、広津崇亮さんが学生だった頃の1991年に

米国人の科学者二人がのち(2004年)にノーベル賞を

受賞する論文を発表してから一気に研究が進んだそうですので

本格的な研究が進みはじめてからまだ約20年少しと

日が浅い状態だったこともあったようです。

 

3.広津崇亮さんの線虫がにおいでがん検査!?

『N-NOSE』 は、線虫という生物の特性を

利用して検査を行います。線虫は線形動物門に

属する動物の総称で、土壌や海洋中、

または生物の中など、さまざまな環境で暮らしています。

その種類はある試算によると1 億種類ともいわれ、

500 万~1000万種と推定されている

昆虫を大きく上回り、地球上の生物の中で最も種類の

多い生物と考えられています。

(*『N-NOSE』 で使用されるのは

C-elegans という種類の線虫です。)

線虫というと人間に寄生し

悪さをするものもいるようですが

線虫にも非常の多種類あり、

このCelegansは人間には無害だそうです。

 

C-elegansの特徴

体長は約1mmで色は透明

脳、神経、消化器官から生殖器まで持っている

弊社が研究を進めているがん検査システム

N-NOSEでは、生物の嗅覚を高感度センサーと

して応用しています。

体長は1mm程度で透明な体をもっており、

自然界では土壌中に生息しています。

目や耳といった構造がないため

匂いを頼りに生活しており、

嗅覚が非常に発達していることが知られています。

 

C-elegansは雌雄同体であるため、

単体で繁殖することができます。一つの個体で

卵細胞と精細胞を作り、子孫を残すことができるのです。

1匹の線虫が産む卵は約300個にもなり、

繁殖が容易なことも特徴のひとつです。

出典:https://hbio.jp/key-technology/

 

特徴、利点としてはいろいろありますが

種類:非常に多種類のがんを検査できる

胃がん、大腸がん、肺がん、乳がん、子宮がん、

膵臓がん、肝臓がん、前立腺がん、食道がん、

卵巣がん、胆管がん、胆のうがん、盲腸がん、

腎臓がん、膀胱がん などを含む18種類のがん

苦痛がない:わずか一滴の尿サンプルでの解析可能なため

苦痛もない

簡便:尿の採取に食事などの特別な条件は定めておらず、

通常の健康診断などで採取した尿を使うことができます。

早さ:検査結果が出るまで約1時間。

安価    検査システムのコストも安い

高感度              感度約90%

早期発見可能:早期(ステージ0-1)でも感度ほぼ変化なく検知可能

 

安価で簡便、早期発見可能と

いいことづくめのように聞こえますね

従来の検査キットではステージ0-1では

10~20%くらいだそうです。

スポンサードリンク

4.広津崇亮さんの費用などは?

広津崇亮さんの研究されている

このガン検査の方法は

2020年1月の実用化をめざし

研究開発が進められているそうですので、

まだ費用がどれくらいということは

はっきりわからない状態です。

想定は数千円レベル。

通常、胃や大腸をカメラで見ようとすると

3~4万円くらい必要思われますので

従来のがん検査にはない安さが

期待されています。

 

5.広津崇亮さんの今後は!?

広津崇亮さんのこの検査方法は

線虫がん検査『N-NOSE』というのだそうですが、

2020年1月の実用化 をめざし、

研究・開発が進められているそうです。

またさらなる進化をめざした

研究も進められているそうです。

それはがんの種類の特定です。

現在は、がんにかかっているかどうかの

判別に関しては他の検査にない

ほどの高感度を誇りますが、

18種類のがんに高感度で反応するも

どの種類かまではわからないという

ところに対する挑戦です。

とくに症状が出にくく、見つけにくい

すい臓がんに対しての期待が大きいようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です