波多野匡記(はたのまさのり)の経歴や年収は?『歌わないカラオケ』なぜ、流行る?【がっちりマンデー】

こんにちはtakaです

今回(2019年4月21日)の

がっちりマンデーのテーマは

「儲かるお店は店長が凄い!」です。

 

 

その中で波多野匡記さんは

「パセラ」というカラオケ店を

『歌わないカラオケ』という

意外な方法で流行らせた

店長さんとして登場します。

 

カラオケ店なのに歌わない?

お店のコンセプト自体を覆すような

方法ですよね?

 

色々調べましたので

ご紹介しますね

 

スポンサードリンク
 

 

 

目次:

  1. 波多野匡記さんの経歴は?
  2. 波多野匡記さんの年収は?
  3. 波多野匡記さんの『歌わないカラオケ』はなぜ流行る?
  4. 波多野匡記さんのまとめ

 

1.波多野匡記さんの経歴は?

出典:https://www.google.com

 

名前 :波多野匡記(はたの まさのり)

所属 :株式会社ニュートン

エンターテインメント営業部

役職 :パセラリゾーツ秋葉原エリア エリア長

 

波多野匡記さんのお名前は

はたの まさのり さんとお読み

するんですね。

 

波多野匡記さんが在籍する

株式会社ニュートンさんは

結婚式会場をはじめレストラン、

カラオケ、フォトスタジオ、

リゾートホテルなど30種類超の

レジャーサービスを展開している会社です。

 

今回のがっちりマンデーでは

波多野匡記さんはカラオケ「パセラ」の

『歌わないカラオケ』のテーマで

取材を受けていますが、

 

以前は、同じ株式会社ニュートンさんが

展開するグリル&ステーキ

「スコール 横浜関内店」オープン一周年記念の

イベリコハンバーグやロテサリーチキンの

無料提供、ラムチョップの増量、

オリジナルワインの大幅値引きなど

週替わりの特典が得られる「肉祭り」でも

取材を受けておられました。

 

株式会社ニュートンでは

波多野匡記さんのようなアイデアマンは

積極的にいろんな分野で活躍する場を

設けておられる会社のようですね。

 

スポンサードリンク
 

 

2.波多野匡記さんの年収は?

波多野匡記さんの務める会社である

株式会社ニュートンは

レストランウェディングが好評の

『ザ・レギャン・トーキョー』 や

バリリゾートがコンセプトの

レストランカラオケ 『パセラ』、

新業態ホテル 『アンダ&バリアン』、

My Styleウエディングを叶える 『バトゥール』、

リゾートダイニング 『カスケード』 をはじめ、

【遊び開発企業】として事業を展開してきた会社です。

 

常識にとらわれることなく、新しいことに

どんどんチャレンジできる方にとっては

いろんな分野で自分のアイデアを実現したりと

楽しめる会社のようですね。

 

◆入社後は……

バリ島直輸入の素材を用いた

モダンアジアンリゾートのインテリアで

「都会のオアシス」を演出する

『パセラ』や『ホテル』 からのスタート。

 

店長やマネージャーのもとでのOJTで、

接客から店舗運営の方法、スタッフの

マネジメント等を学ぶ場を提供しているそうです。

 

もちろん、経験に応じて、幹部や専門職

(ウエディングプランナーやキッチンスタッフ)

からのスタートも可能のようです。

早くいろんな分野で自分のアイデアを

実現したい方にはうってつけの会社かもしれませんね

 

年収の関しては、波多野匡記さんの年収そのものの

情報はありませんでしたが、株式会社ニュートンさんの

年収基準のようなものが記載されている情報を見つけました。

 

企画営業社員・接客スタッフ・ホールスタッフさん

【年収例】

400万円/入社2年目/チーフ/月給33万円

600万円/入社7年目/マネージャー/月給50万円

 

店舗マネージャー(幹部候補)

★最大限の裁量を持って業務に取り組める、それがニュートン流!

月給27万円以上 (年収324万円以上) ★決算賞与年2回

※あくまで未経験者の最低支給額です。

あなたの経験等に応じて、加給・優遇いたします。

年収例

■36歳(エリア長)/800万円

■28歳(支配人)/620万円

■24歳(チーフ)/380万円

★社員一人ひとりのパフォーマンスに

確実に応えた報酬につき、様々です。

 

波多野匡記さんの現在の役職はエリア長で、

年齢的にも30代半ばくらいと思われることと

いろいろ結果を出されていることなどから

800万円かもしくはそれ以上稼いでる

かもしれませんね。

 

スポンサードリンク
 

 

3.波多野匡記さんの『歌わないカラオケ』はなぜ流行る?

波多野匡記さんが今回特集されるきっかけとなった

『歌わないカラオケ』はそもそもなぜ流行るのでしょうか?

 

そのサービス内容とともにご本人は以下の

四点と考えておられるようです。

 

「ボードゲームの無料貸しだし」

「空間的な優位性」

「長時間利用が可能」

「美味しいお食事の提供」

 

 

『歌わないカラオケ』の最大のウリは

『ボードゲーム遊び放題プラン』で

費用:一人3,000円(税込)

ルーム料金、ソフトドリンク飲み放題、

名物ハニトーまたはスナック盛り合わせの

お食事がセット

内容:40種類以上のボードゲームを無料で貸し出し、

利用時間:最大7時間!?

 

つまり昨今のボードゲームブームに

「興味はあるが買うほどでもない」と

いうボードゲームをこれから始めるという

ユーザーに利用しやすい「貸出」と

いうスタイルを提供したこと。

 

そしてカラオケの「個室」での利用故の

「空間的な優位性」。ゲームが面白くて

盛り上がる場合も、周囲の目線や

声の大きさを気にせず「はしゃげる」

という気軽さ。ゲームにぴったりの

十分な広さ

 

また、ゲームの種類によっては長時間にも

渡ることがありますが、そのような場合でも

追加料金を気にせず遊べる「長時間利用が可能」

 

「長時間利用が可能」なことにともなう

食事のために外出しなければということも

気にせず、しかも食事自体も楽しめる

内容になっている「美味しいお食事の提供」

 

とボードゲームを堪能するのに

ピッタリな環境を整え提供したことによる

ものだと考えておられるようですね。

 

まさに時流の流れをきっちりつかみ

その流れを取り込むための環境も整えて

提供したことによる流行という感じですね。

 

参考までに貸出可能な

ボードゲームの主なものは以下の通りです

1.「カタンの開拓者たち」:島の資源を組み合わせて開拓地や道、

都市をつくり開拓ポイントを競うゲーム
2.「カルカソンヌ(Carcassonne)」:古代フランスを舞台に

地形タイルで城や道をつくりコマで土地の所有を競うゲーム
3.「ニムト(6 Nimmt!)」:6枚目のカードはアウト!

牛を最も多くひきとったプレーヤーが負けのゲーム
4.「ラブレター(Love Letter)」:駆け引きをしながら

姫に近い身分の人物にラブレターを託したプレーヤーが勝つゲーム
5.「犯人は踊る」:数多くのカードのうち「犯人」のカードを当てるか、

犯人になって最後まで生き残るゲーム
6.「ハゲタカのえじき(Hol’s der Geier)」:カードを出しあって、

もっとも大きな数字を出しているプレーヤーが得点カードをゲットするゲーム
7.「Drei Magier ごきぶりポーカー」:ハエ、クモ、ゴキブリなどの

カードをいかにほかのプレーヤーに渡すかを競うゲーム
8.「バトルライン(Battle Line)」:机の上に並べた

9つのフラッグのうち5つをとったプレーヤーが勝つゲーム
9.「街コロ(Machi Koro)」:サイコロをふってコインを

集めて自分の街を発展させるゲーム
10.「いかさまゴギブリ(Mogel Motte)」:いかさまをしながら

自分の手札を早くなくすことを競うゲーム

スポンサードリンク

4.波多野匡記さんのまとめ

今回のカラオケパセラでの『歌わないカラオケ』

そして以前のグリル&ステーキ

「スコール 横浜関内店」で期間限定で特定の

肉の無料提供、増量などの大胆な『肉祭り』

など、さまざまなアイデアを実現

成功を獲得してきた波多野匡記さんの方にとっては

株式会社ニュートンはまさにピッタリの場所なのかも

知れませんね。

これからもどんなアイデアが実現されていくのか

楽しみにしたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です