半崎美子(歌手)歌詞や制作方法、経歴 、印税などの収入や彼氏は?【情熱大陸】

2018年3月11日(日)夜11時20分

から放送の番組「情熱大陸」に

半崎美子さんが出演されます。

半崎美子さんといえば

事務所やレーベルに所属せず

全国のショッピングモールを

歌い歩き音楽活動を

続けてきたことから

「ショッピングモールの歌姫」

と言われた人です。

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. 半崎美子さんの歌詞や制作方法
  2. 半崎美子さんの経歴
  3. 半崎美子さんの印税や収入
  4. 半崎美子さんの彼氏は?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.半崎美子さんの歌詞や制作方法

半崎美子さんの曲には、人気順で

上位五番目までは以下のようになっています

①サクラ~卒業できなかった君へ~

②明日へ向かう人

③お弁当ばこのうた~あなたへのお手紙~

④種

⑤あなたへの道

代表作「サクラ~卒業できなかった君へ~」

です。

歌詞は

「同じカバンに詰めこんだ日々と

並べた机に刻んだ日々と

枝先に膨らんだ うららかな春

本当はあなたもここにいるはずだった

くだらないことを言い合って

肝心なことは言えないまま

止まった季節を追い越して

残った光を探していた。

桜 花びらが舞う

一緒に見ていた夢を

ふわり空にのぼった

あなたに送りたい

最後に見たあなたは

いつも通りの笑顔だった

行く宛のない気持ちだけ

進んだ時間を巻き戻す  」

出典:https://www.uta-net.com/song/224995/

半崎さんの同級生が卒業前に

亡くなってしまった事実と

その時の気持ちを謳ったもの。

桜と言えば、春がイメージされ

やすいが、春だけに特化したものではなく

春の花をつける時期までにも

年中息づいているところも

伝えたいだそうです。

そのような気持ちと同じ

気持ちを持ってらっしゃる

方やほかにもいろんな気持ちに

ショッピングモールのイベントで

触れる出会いが製作につながるようです。

2.半崎美子さんの経歴

出典:https://www.google.co.jp

本名 :半崎美子(はんざきよしこ)

生まれ:1980年12月13日生まれ

出身 :北海道札幌市

卒業校:札幌大学経営学部(中退)

所属 :サンミュージック

レコード会社(日本クラウン)

幼いころから歌うことが好きだったそうですが

高校の学園祭の時に歌い注目されたことが

きっかけだったのか、

音楽活動に本格的に目覚めたのが大学の時だそうです。

目覚めた後の行動が早いといいますか

大学中退し、上京。パン屋で住み込みながら

ショッピングモールを中心に歌手活動を

継続していました。

しかも事務所やレーベルへの所属なしに。

ショッピングモールでの活動時には

設営や物販、登場時の紹介なども

ご自身でされていたそうです。

活動初期でまだ無名の頃は

ショッピングモールという音楽活動の

場としては一般的ではないかもしれない場所では

いろんなつらさとかもあったとは

想像するのですが、ご本人は

そんな予想とは異なりそういう下積みとしての

つらさを全く感じていないようです。

それどころかそういう場所での

お客さんとのサイン会などでの

触れあいによる結びつきの強さを

感じることやその方々の思いに

触れることが半崎美子さんの

歌手活動の深みをますことに

繋がっているようです。

スポンサードリンク

3.半崎美子さんの印税や収入

半崎美子さんは2017年に

メジャーデビュー、

2014年から三年連続の

赤坂BRITZ単独公演

ソールドアウトさせ、注目

されたとはいえ、それまでは

ショッピングモールでの

活動中心で、しかもほとんど

ご自分でされていたことが多いことを

考えると2018年現時点での

収入はまだそれほどすごいと

いうレベルではないのではないかと

推測します。

4.半崎美子さんの彼氏は?

半崎美子さんは写真の通り

とても魅力的な方で、

しかも非常に注目を集め始めた

お方なので、彼氏がいるのか、

結婚しているのかなどが非常に

気になるところだと思うのですが、

情報があまりありませんでしたが

結婚はしていないようです。

半崎美子さんと同姓で

半崎美子さんの活動のサポートされている

方で半崎信朗さんという方が

おられますが、この方は既婚者で

違うようです。半崎という

珍しいお名前の方が近くに

おられるので怪しいのでは?と

思いましたが、残念ながら違ったようです。

5.まとめ

2017年にメジャーデビューを

果たしたもののショッピングモール

での活動を可能な限り続けていくという

半崎美子さん。

ぜひそのお気持ちを持ち続けて

活動していただきたいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする