甘竹秀企(アマタケ社長)wiki風プロフ、サラダチキンや結婚・年収は?【カンブリア宮殿】

2018年3月15日(木)夜10時から

放送の番組「カンブリア宮殿」に

甘竹秀企さんが出演されます。

甘竹秀企さんといえば、

最近注目を集めている

サラダチキンを販売している

会社「アマタケ」の社長さんです。

いろいろ調べましたので

ご紹介しますね。

目次:

  1. 甘竹秀企さんのwiki風プロフ
  2. 甘竹秀企さんと株式会社アマタケ
  3. 甘竹秀企さんサラダチキン!
  4. 甘竹秀企さんの結婚や年収は?
  5. まとめ

スポンサードリンク

1.甘竹秀企さんのプロフィール

出典:http://www.tv-tokyo.co.jp/cambria/

本名 :甘竹秀企(あまたけ ひでき)

生まれ:1966年生まれ

出身 :岩手県大船渡市

卒業校:慶應義塾大学法学部

所属 :株式会社 アマタケ

経歴 :

1989年自動車メーカー入社

1991年USアマタケ入社

副社長就任

1998年株式会社アマタケ取締役

2001年専務取締役

2004年代表取締役就任

はっきりした情報は見つかりませんでしたが

甘竹さんのお名前と会社名から

想像すると、ご家族が創業され、

経営されていた会社なのでしょうか?

大学卒業後に一旦、アマタケと

業種の違う自動車会社に就職したのは

社会勉強のため?でしょうか?

ともかく入社後はものすごい

スピード出世されていますね。

2.甘竹秀企さんと株式会社アマタケ

株式会社アマタケは

本社は岩手県大船渡市

東京支社もありますね。

創業:昭和39年「甘竹飼料店」

社名変更:昭和63年 株式会社 アマタケ

資本金:一億円

年商 :92億円(平成28年3月期)

従業員数:480名(平成29年4月)

事業内容:「南部どり」、「岩手がも」

の生産と、生肉、加工品の製造

および販売。南部どりたまご、

南部どりコラーゲン化粧品の販売。

認定  :ケンタッキーフライドチキン(平成元年)

特定JAS認定「三陸地鶏」(平成19年)

モスフード提携開始(平成20年)

その他取組:

無抗生物質、無合成抗菌剤での育成(平成11年)

飼育農場のボイラー用燃料を重油から

木質バイオマスへ転換する CO2排出削減事業が、

政府の国内クレジット認証委員会から承認を受ける

ソーラーシステムを飼育農場に配備(平成22年)

アマタケは販売だけでなく、鶏肉の育成から生産、加工、

販売まで全工程をカバーしている業界でもレアな存在。

上記の取り組みを見てもわかりますように、

新商品開発ということだけでなく、鶏肉の安全性

また生産等に伴う環境への負荷にまで徹底して対応する

こだわりよう。これだけこだわってくれてると

信頼感が半端じゃないですよね。

スポンサードリンク

3.甘竹秀企さんサラダチキン

生産工程における環境への負荷低減などに対する

こだわりももちろん特筆すべきものですが、

本業での新規商品開発など、商品に対する

品質、新規性に対する取り組みももちろん

すごいです。

「南部どり」という地域名を関した商品を

日本で初めて商品化したメーカー。

その後南部どり自身のリニューアルを

何度か進めるとともに、

南部どりのスナックシリーズの販売や

平成28年にはサラダチキンライトの販売開始。

平成26年には5年連続モンドセレクション金賞受賞

しています。対象は「南部どりのサラダチキン」

のハーブチキンです。国内だけでなく

海外からも認められています。

出典:https://www.google.co.jp

4.甘竹秀企さんの結婚や年収は?

甘竹秀企さんの年収に関してですが

株式会社アマタケ自体はは上場企業

ではないようですので、財務状況は

非公表なので、企業規模などから

一般的な数値として推測するしか

ありません。

企業規模は従業員数が480名

年商が92億円(資本金一億円)

一般的にこの従業員数規模の

役員報酬は4000万円前後

(3000万円~5000万円程度)

とのこと。甘竹秀企さんも

そのあたりではと思います。

5.まとめ

先日ご紹介しました「生活クラブ」

でも感じましたが、消費者にとって

重要な安全、安心にこだわって

くれる会社が増えてくれることは

非常にありがたいことですので、

今後もアマタケさんを応援すると

ともに、もっと同様の取り組みの

企業が増える事を期待したいと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする